消費者金融 家族に支払い義務

消費者金融で夫が多額の借金!?家族に支払い義務はないです

借金の支払い義務は家族にはない

夫の借金は妻が払う?

夫の借金の支払い義務は妻にはないです。夫の借金の為に妻が働きに出て返済するなどは、よく聞く話ですが、実際は、夫の借金は、夫しか返済義務はないです。妻だけでなく、親兄弟も関係ないです。
もちろん逆の場合で妻の借金も夫の支払い義務はないです。

 

消費者金融の中には、日常家事債務は夫婦の連帯責任という民法の規定を根拠にして妻に支払い義務があるという者もいますが、日常家事とは食糧、衣料、家具などの生活必需品の購入や教育費、医療費などの債務が日常家事債務です。
しかし裁判などになった場合は消費者金融の主張は通用しない場合が多いです。なぜなら、お金を借りる理由のほとんどが、仕事上で必要な借金やギャンブル、旅行、借金返済のための借金などで、日常家事債務とは関係ない場合が多いからです。
しかし、妻が夫の保証人となっている場合は別です。その場合は保証人としての返済義務が生じてきます。
だからといって、勝手に夫が妻を保証人にしたてあげた場合では返済義務はありません。そのようなことは、私文書偽造の犯罪です。
消費者金融会社が、支払い義務がないのに返済請求をしつこくしてくるのであれば、内容証明郵便で、支払い義務がないのでこれ以上請求しないよう旨の警告書を出せばよいでしょう。それでも続けて請求してくるのであれば、貸金業法の取り立て行為の規制違反で告訴するか、監督行政庁(金融庁・各地の財務局・都道府県貸金業指導係)へ行政処分の申し立てをするということが出来ます。

 

正規の消費者金融

正規で大手の消費者金融なら、法律を順守しますので、まず支払い義務の無い家族への取り立てなどはしないです。
どうしてもお金が必要な時は借金することも致し方ないことだと思います。
推奨サイトアルバイトキャッシング

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ